水槽はセットできましたね。

上部式フィルターと外部式フィルターの解説をします。


上部式フィルター( 素人用 )
初心者には上部式フィルターがおすすめです。


メリット
・水の出口から酸素と二酸化炭素(CO2)を含んだ水が溶け込みやすいので、
CO2がが少しでも育つ水草( ミクロソリウム、アヌビアスナナ、カボンバ )
なら水槽内で育てられる。

・上部式に入れたろ材の水が少しあふれたら
ろ材が目詰まりしているので一目で気づけるので安心。
ろ材を水槽の水で洗い、また戻せばろ過はすぐ可能。
麦飯石砂利でろ過すれ水は濁らないできれいなまま。

・エアレーションができるので酸素が必要な
大きいサイズの熱帯魚を育てられる。
60センチ水槽=最大10センチまで。
90センチ水槽=最大15センチまで。
120センチ水槽=最大25センチまで。


デメリット
・CO2がたくさん必要な水草は育てられない。

・120センチ水槽では上部式フィルターは大きすぎて
メンテナンスしずらいので外部式フィルターを選択するべきです。


外部式フィルター( プロ用水草用 )
CO2が大量に必要な水草を育てる方には外部式フィルターがおすすめです。
CO2添加機器も買わないとCO2消費の多い水草は育てられません。


メリット
・水槽の水からCO2が空気中に抜けにくいので、
CO2添加器を使えば大量にCO2を消費する水草を育てられるので
水草水槽愛好家に向いています。


デメリット
・目詰まりしやすい構造なので、
リング状のろ材とスポンジ状ろ材(ゴミ取り用)しか使えず、
麦飯石はろ材として使用できない。

・構造が透明でないため目詰まり状態が確認しづらい。
なので必ず2ヶ月に一回はろ材を取り出して
水槽の水で洗う必要がある。
( それをしない場合は水槽の水質が崩壊し水が腐り魚が死にます。 )
スポンジろ材はよく洗う事。

・外部式フィルターには水草が光合成で作った酸素がたまりやすく、
それを排出する音が思ったよりうるさい。

・エアレーション( O2 )をするとCO2が抜けてしまいますので
エアレーションができないので
酸素が大量に必要な5センチ以上の魚を育てられない。
( 小型魚以外の魚はエアレーションしないと基本的に酸欠で死にます。 )
( 水草水槽に入れられるのは基本的に小型魚とエビだけです。 )


上部式フィルターと外部式フィルターは

ろ材を入れるための物です。

ろ材とはバクテリア菌が棲む家です。

ろ材を入れてセットしましょう。

ろ材の菌は水道水で洗うと死にます。 

必ず数ヶ月に1回増殖した菌が死なないように水槽の水で洗って下さい。